日本国内への発送は、$50(税別)以上購入で送料無料

余白の広さ

 手書きでひと言したためるとき、どんなに文章がすばらしくても、受け取ったときの第一印象で「読みにくいな」と思われてしまえば、台無しです。

 読みやすさのカギを握るのは「余白の広さ」です。早め早めに改行して、余白をたっぷりとりましょう。

1枚で収まりそうになかったら、すぐに2枚目に移りましょう。紙いっぱいに文字を綴ると、どこか窮屈な感じになる一方で、紙を無駄にするくらいの気持ちで大胆にペンを走らせると、見た目の印象がよく、明るい感じになります。

 その際、絵柄の上に文字が掛からないように気を付けて。絵柄の上に文字が掛かると、せっかくの素敵な絵柄が隠れてしまう上、雑な印象を与えかねません。書き始める前に、どこで改行するか、目安を付けておきましょう。

 大きな文字で堂々と書けば、自然と元気のよさが伝わります。多少のミスは愛嬌のうちだと心得て、伸び伸びと文字を綴りましょう。

 

Skip the line beforehand to make enough margin, which makes your writing so much easier to read.

一文を早めに改行すると、余白ができて、読みやすくなります。

Language
English
Open drop down