日本国内への発送は、$50(税別)以上購入で送料無料

お願い上手になろう

日頃のちょっとしたお願いや、仕事や手伝いの依頼は、どのようにお願いするか、その「お願いの仕方」によって、相手の受け止め方が大きく変わります。

 

お願いするときには、「クッション言葉」+「疑問文」という型を覚えましょう。クッション言葉とは、「恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」といった枕になる言葉のことをいいます。これに「~をお願いできますか」「~してもらっていいですか」「~していただけますか」などと疑問文で続けるのです。すると、相手を尊重していることが伝わり、気持ちよく聞き入れてもらえます。

 

 聞いてもらって当然という頭ごなしの書き方をすると、強引な感じがして、相手の気分を害してしまいます。手書きに限ったことではありません。口頭でも、メールでも、「クッション言葉」+「疑問文」の「型」は、相手を問わず、使えます。

 

お願い上手になると、まわりの協力が得られ、物事がスムーズに運びます。ぜひ覚えておきましょう。

 

 

Remember to use the combination of a “cushioning sentence/preamble” plus an “interrogative sentence”.

クッション言葉+疑問文の型を覚えましょう

Language
English
Open drop down